2010-10-03

Phil Manzanera - Listen Now (1977)

今回はロキシーミュージックのギタリスト、Phil Manzaneraのソロ作品(というより801名義?)を紹介します。

Phil Manzanera - Listen Now (1977) ★★★★★ (★が星1つ、☆が星半分です)

Listen Now

 1. Listen Now
 2. Flight 19
 3. Island
 4. Law And Order
 5. Rude Awakening *
 6. Que?
 7. City Of Light
 8. Initial Speed
 9. Postcard Love
 10.That Falling Feeling
 11.Blue Gray Uniform *
 12.Remote Control *

 (太字は筆者お気に入りの曲)
 (*はCD化で追加された曲。)




 801のメンバーに加え、リードボーカルを担当しているSimon Ainley、それにEddie JobsonやSimon Phillips、Mel Collins等も参加している豪華な作品だ。
 クワイエット・サン時代のようなジャズロック色はあまり感じられない、シティ・ポップとでも言うべきサウンドだが、これが実によくまとまっている。
このアルバムではマンザネラのポップセンスが垣間見られ、個人的には前作のダイアモンドヘッドよりも好きな作品です。
この時期はロキシーミュージックが解散している最中で、(後に再結成、傑作「Avalon」を完成させる)マンザネラ自身も制作意欲が高かったのではないのでしょうか。

 ボーカル曲中心ではあるが、一応6や8ではクワイエットサン的で格好良いインスト曲もやっている。しかし着目すべきはボーカル曲で光る、マンザネラのメロディセンスでしょう。特に9、10の哀愁漂う感動的な2曲は必聴です。この2曲の為にこの作品を買っても損はないと思います。
 フランジャーの効いたアルペジオや、マンザネラお得意の緩いトーンで奏でられるギターフレーズがとても効果的かつ印象的だ。そのギターとSimon Ainleyのうまくはないが叙情的なボーカルがマッチして、唯一無二のサウンドを生み出している。

ジャケットに象徴されるような都会的な雰囲気が心地良い作品ですが、
このジャケット、LP時代のジャケットの左上部分だけを切り取ったものなのである。


LP盤のジャケットはこちらである。




.....ぶっちゃけ気持ち悪いジャケットです(笑)

4 件のコメント:

  1. 高校生 すごい!!
    よくぞ!! うpして頂きました の感あり。
     
    この時代(70年)から聴いてきた者にとっては ありがたい。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!
    こういうコメントを頂くとやる気が起きます。
    もっと頑張って更新していきたいと思います!!!
    今後もどうぞよろしくお願いいたします。

    返信削除
  3. ワタシもこのアルバム、大好きです。
    高校の時に音楽的導師の先輩に聴かされ、
    既に35年(笑)。
    CD UNIVERSEでCD買いました。
    今でもベース持つと、タイトル曲弾いちゃうんですよ。
    あとフライト19ののっぴきならない
    理不尽な世界もすきだな。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは。
      35年ということはほぼ発売当時にお聴きになられていたのですね。
      マンザネラのギターやポップなボーカルの方に気が取られがちですが、ビルマコーミックのセンスあるフレージングも素晴らしいですね。
      最近は3曲目のインスト曲の"Island"にむせび泣いてます…

      削除